【アイテクス、AIで宝くじ当てるってよ。】ロト7(第400回)結果

こんにちは、ビジネスサポートの山下です!

あけましておめでとうございます。
2021年初のブログ更新となります。
今年も何卒宜しくお願い致します!!

さて「アイテクス、AIで宝くじ当てるってよ。」
前回の結果(第400回分)の結果が出ています!

<結果>

番号 結果
人間(社員)が
予測した番号
4,10,15,21,27,36,37
ハズレ
AIが予測
した番号
6,8,13,21,24,32,37 ハズレ
当せん番号
本数字
4,17,22,28,30,31,35
当せん番号
ボーナス数字
25.34

※本数字と一致=赤文字 ボーナス数字と一致=青文字

 

人間(社員)が予測したのは〔4,10,15,21,27,36,37
予測したのは代表の永山。
予測コメント
「下記の組み合わせから選びました!
今月(2020年12月)の大安日:4 10 15 21 27
ランダム関数で29~37を2つ自動抽出:36 37」
とのことです!!

一方、AIが予測したのは〔6,8,13,21,24,32,37
開発をした企画開発部長の小川より


「あけましておめでとうございます。今年も様々な方法を用いて予測を行いますので
よろしくお願いします。昨年(前回)までExcelなど使用して再現可能な分析方法を
紹介してきました。今回から、選択した結果の精度を上げるための工夫を始めたいと
考えています。まず、データの用意を行います。
これまで、30回ほど予測を行っています。紹介してきた手法以外の組み合わせで
予測したものもあるのですが、このデータを使用します。例として貼った画像*1では
10回分程度の結果になります。行が抽選回、列が選択数字です。
行に記入されている数字が予測結果、オレンジに塗られている列が抽選結果です。
この予測と結果の違いを使用して精度の高いモデルを作成することを目標にする
予定です。次回以降、調整したモデルを紹介します。

*1…

との事です。

2021年もよろしくお願いします!!

宝くじ予測に興味がある方、そして何よりAIの開発に興味がある方。

ぜひこのブログを読んでください!!