【アイテクス、AIで宝くじ当てるってよ。】ロト7(第395回)結果

こんにちは、ビジネスサポートの山下です!

11月ももう終わろうとしています…。早いですね!
「アイテクス、AIで宝くじ当てるってよ。」
先週の結果(第395回分)の結果が出ています!

<結果>

番号 結果
人間(社員)が
予測した番号
2,3,5,9,28,30,37
ハズレ
AIが予測
した番号
3,11,15,22,24,31,37 ハズレ
当せん番号
本数字
1,2,5,20,26,29,32
当せん番号
ボーナス数字
8,9

※本数字と一致=赤文字 ボーナス数字と一致=青文字

 

人間(社員)が予測したのは〔2,3,5,9,28,30,37
予測したのは開発部長の幸福。

予測コメント「11/19のロト6の当選数字で、ボーナス数字も合わせて、40は無いので、40を好きな数字3にしました」
ということです。
後少しでした…惜しい!!

一方、AIが予測したのは〔3,11,15,22,24,31,37
開発をした企画開発部長の小川より


「今回はこれまで試行した分析方法でうまくいかなかった分析結果を紹介します。
これまで同様それぞれの回から過去10回で何割選択されているか
分析した結果を使用しています。 縦軸が選択率、横軸が抽選回でした。
これを散布図にして多項近似曲線を求めた結果のグラフになります。*1
最小2乗法による相関係数は、0.0828でした。これはほぼ相関が無いことを示しています。
相関は基本的に高い方が予測結果の精度が高くなります。
確かにグラフは分析結果にほとんど追従出来ていませんでした。
この様にモデルにはデータの性質によって向き不向きがあります。
これを追求していくことに面白さがあるのですが、そう簡単には当てさせて貰えないですね。
次回も予測方法について紹介したいと考えています。

*1


次回以降に期待しましょう!!

宝くじ予測に興味がある方、そして何よりAIの開発に興味がある方。
ぜひ、このブログ読んでください♪