【アイテクス、AIで宝くじ当てるってよ。】ロト7(第393回)結果

こんにちは、ビジネスサポートの山下です!

先日からまたコロナが急増しているようですね。
第3波が来るかも?なんて言われていたり…
予断を許さない状況が続いていますね。

さて「アイテクス、AIで宝くじ当てるってよ。」
先週の結果(第393回分)の結果が出ています!

<結果>

番号 結果
人間(社員)が
予測した番号
1,2,6,11,25,29,32 ハズレ
AIが予測
した番号
3,7,13,18,22,30,35 ハズレ
当せん番号
本数字
7,14,15,22,27,30,31
当せん番号
ボーナス数字
9,32

※本数字と一致=赤文字 ボーナス数字と一致=青文字

 

人間(社員)が予測したのは〔1,2,6,11,25,29,32
予測したのはエンジニアの久保。

予測コメント「息子に選んで貰いました!2,11,29,32が前回と被ってます。好きな番号なのかも…?」
ということです♪

 

シルエットから写真右上にあるおもちゃまで、かわいいが溢れている素敵な写真です…!!

 

一方、AIが予測したのは〔3,7,13,18,22,30,35
開発をした企画開発部長の小川より


「今回はこれまでの分析方法からどのように機械学習をさせて結果を判断するのか?
例を挙げて解説をしようと思います。
前回、それぞれの回から過去10回で何割選択されているか、というグラフにしました。
縦軸が選択率、横軸が抽選回でした。このグラフはこれまでの実績です。
予測するためには次回以降どのように変化するかを求めなければいけないのですが
ここで機械学習が登場します。機械学習では過去の経験から未来を予測します。
予測した結果から過去10回選択率をグラフ化して、グラフが上方向に変化した回が
選択される回という事です。 この予測を行うために様々なモデルがあります。
次回以降は、モデルを適用した結果を紹介したいと考えています。


 

惜しい…!!
後少しで当たりでした…!!

宝くじ予測に興味がある方、そして何よりAIの開発に興味がある方。
ぜひ、このブログ読んでください♪